【一人暮らしからの同棲】大学生同士での同棲の生活費を計算してみた!

同棲
レッド
レッド

トォウ!やあ、こんにちは!恋愛知恵袋隊のレッドです!

あなたには同棲を考える恋人がいますか?

彼女
彼女

同棲を考えているけど、実際どれくらいお金がかかるもんだろうか…

大学生で同棲生活を送るのにどれくらいお金がかかるのか気になっている方は多いのではないでしょうか?

恋人と長い時間いると、むしろ同棲を始めた方が、金銭的にも、時間的にもお互いのためなんじゃないかと思えてきますよね。

そこで実際どれくらいお金がかかるのか、気になりますよね。

私も、ちゃんとお金の計算をして、仕送り、バイト代、すべてを考慮したうえで、問題ないと判断してするべきだと思います。

そこで今回は、皆さんの代わりに、大学生での同棲生活にどれほどお金がかかるのか計算してみようと思います!

こんな人を救いたい!
  • 同棲をしようか悩んでいるけど、具体的にどれくらいお金がかかるのか知らない方
  • 同棲生活にどれほどのお金がかかるのかの計算がめんどくさい方

こんな方々を救いたいと思います!

皆さんもこの記事を読んで同棲計画を一歩前進させましょう!

実際どれくらいかかる?(固定費偏)

さて、では実際に計算していましょう。

今回は毎月かかる固定費に絞って計算します。

  • 家賃(2DK)
    →地方:40,000~50,000円
    →都心:80,000~100,000円
  • ガス代
    →4,000円
  • 電気代
    →3,000~8,000円
  • 水道代
    →4,000円
  • 通信費
    →12,000円
  • 食費(外食を除く)
    →40,000円

基本的にかかる固定費は上記のようなものです。

家賃は、どこに住むかで大きく変わりますが、今回は2DKの相場をまとめています。

また、電気代は時期によって大幅に差がありますが、これは季節の問題です。

春や秋などエアコンを使わなくていい時期は電気代が3,000ほどと安いですが、夏や冬といったエアコンが必要な時期は8,000円くらいかかってきます。

エアコンの種類にもよりますが、冬の時期エアコンをガンガンにかけて8,000円ほどです。

レッド
レッド

ある月の話…

真冬に、エアコン1日中かけっぱなし、浴室乾燥使いまくりの生活をしていたところ、電気代がひと月で14,000円かかったときがありました。ここまでの無駄遣いをしなければ、8,000円以内で収まるはずです。皆さんもご注意を…

さて、すべての金額を足してみましょう。

都心:168,000円 (家賃:50,000円、電気代:8,000円)

地方:118,000円 (家賃:100,000円、電気代:8,000円)

という結果になりました。

実際どれくらいかかる?(固定費以外偏)

さて、固定費がどれくらいかかるか分かったところで、生活にかかるお金は固定費だけではありません

美容院言ったり、外食したり、病気になったら病院行ったりしなければいけません。

サークルの飲み会や、後輩におごったりしないといけない場面もあるでしょう。

それらも考慮してみましょう。

※あくまで一例です。少し多めに設定しています。

  • 美容院
    →5,000円
  • 病院
    →1,500円
  • 交際費
    →30,000円
  • 衣類
    →10,000円
  • 日用品
    →3,000円
  • 娯楽、買い物
    →10,000円

固定費以外の合計金額は一人約60,000円です。

もちろん、人によってもう少し安くできるかもしれませんが、多めに見てこれくらいの金額は見ておくべきでしょう。

収入面を確認する

支出の金額がわかったところで、収入面を見てみましょう。

大学生の主な収入は、仕送り+バイト代です。

  • 仕送り(大学生仕送りの平均)
    →10,0000円
  • バイト代(大学生の平均バイト代)
    →60,000円

平均通りだと、収入源は上記の通りで、月160,000円ほどになります。

もちろん、仕送りが平均よりかなり低いパターンもあるでしょう。

その場合はバイトで足りない分を賄えるのか、よく考えてくださいね!

ここは各自の仕送り、バイト代を計算してみてください!

支出と収入を差し引き

さて、今までの支出と収入をまとめてみましょう。

一人当たりの支出(固定費+固定費以外)

  • 都心:145,000円
  • 地方:120,000円

収入(仕送り+バイト代)

  • 160,000円

単純に折半した場合の支出は上記の通りです。

都心ですと月に15,000ほど、地方ですと40,000円ほど余る計算になります。

二人で協力して節約できればさらにお金が浮くでしょう。

レッド
レッド

余裕じゃんと思ったかい?旅行とか自動車学校に通うなどの散財タイミングもあるから、貯金はするようにね…!

おまけ:大学生同士の同棲は絶対折半!

同棲するとき、お互いが、生活費をどのような割合で払うべきか、学年や金銭的余裕具合によって、意見が分かれるところかもしれません。

ここでは、私の個人的意見を述べさせてもらいますね。

私の意見としては、「大学生同士の同棲は絶対折半!!!!」です。

何で折半?相手はたくさん仕送りをもらってて、私は奨学金を借りている。相手の方が圧倒的に、金銭的に余裕なのにそれでも折半?

そうです。それでも折半にするべきだと考えます。

それがなぜなのか、以下の記事にまとめたのでチェックしてみてください。

私は、折半で同棲しないと別れる可能性大だと考えています。

【個人的意見】大学生同士の同棲。生活費は絶対に折半!
レッドトォウ!やあ、こんにちは!恋愛知恵袋隊のレッドだ。大学生カップルの皆さんは同棲したいほど好きな恋人がいますか?そんなラブラブなカップルも、同棲するとなれば、お金事は特に計画を立てなければいけません。彼女生活費負担の内訳、どうしようか…...

まとめ

ここまで読んでくれてありがとうございます!

今回は、「大学生同士での同棲の生活費を計算してみた!」というテーマでお話ししました!

まとめると以下のようになります!

同棲でかかる支出(一人当たり)

都心:145,000円

地方:120,000円

大学生での同棲にどれくらいのお金がかかるかがわかったでしょうか?

金額はあくまで参考程度にして、各項目に自分にかかる金額を当てはめて計算してみてくださいね!

なにか疑問や相談があれば気軽に連絡ください!

恋愛知恵袋隊はあなたたちの同棲生活を応援しています。

恋愛知恵袋隊による恋愛相談サービス

実は我々、恋愛知恵袋隊も恋愛相談サービスを実施しております

初回無料で、親身にお話を聞きますので、気軽にご連絡いただけたら嬉しいです!

どんな人におすすめ?
  • 気軽に相談相手が欲しい方
  • 親身に話を聞いてくれる人が欲しい人
  • 知らない人とのコミュニケーションが苦手だと感じている方

我々、恋愛知恵袋隊にご連絡いただければ、初回無料で親身に相談に乗ります

記事を読んでも「同棲生活を考えているけど、金銭面的に不安が残る方」は気軽にDMを一通送っていただくだけで大丈夫ですので、お待ちしております!

レッド
レッド

気軽にDMくれっど!

コメント

タイトルとURLをコピーしました